スタッフの声

高橋 亜希子
所長 高橋 亜希子
橋本 朱音
コーディネーター 橋本 朱音
北岡 周
コーディネーター 北岡 周

高橋 亜希子

働きづらさを抱えた人と
社会コミュニティをつなぐ
かけがえのない場でありたい

エンカレッジ京都三条 所長 高橋 亜希子

私たちは、生きにくさを感じている人の声に耳を傾け、その人の自己実現を支援しています。 これまで、なかなか自分を理解してもらえなかった人や、周囲との違和感を感じてきた人に対し、寄り添い、信頼を築き、経験の機会を提供することで、その人自身の「気づき」を具体化します。
自身が得た「気づき」は、その人の中に長く留まり、原動力となります。つまり、「気づき」によって成長曲線がアップしていく構図です。「寄り添い」「信頼」「経験」のどれかが欠けてしまっては、「気づき」につながりません。 同時に、支援する私たち自身も、支援することで気づかされ、学びます。この「気づき」が、私たちの成長の糧になり、輝いて仕事することにつながるように思います。 更に、ともに働く仲間からも学びます。仲間の1人ひとりの強みを知り、活かし補い合うことで「感謝」が生まれます。助け合い、感謝することで、自分も会社も成長できるって、なんかいいですよね。 「誰もがイキイキと活躍できる社会の実現」 エンカレッジで一緒に目指しましょう!

橋本 朱音

数え切れないほど失敗をしてきた事、
それが私の強みです。

エンカレッジ心斎橋 コーディネーター 橋本 朱音

エンカレッジに出会うまでは、自分の将来のイメージが描けず、何をしていけば良いのか本当に迷っていました。 ただ、就職活動を重ねることで、"何かが違う"と感じるようになりました。出会う企業、出会う人、そこでの会話などが何だかしっくりこなかったからだと思います。 そんな時、エンカレッジが立ち上がることを知り、代表やその周りで働く人たちの姿を目にした私は、この人たちと一緒に仕事がしたい!と強く思うようになりました。
なかなか言葉では表現しにくいですが、良い意味で期待を裏切る人たちばかりだったのです。そんなイキイキと働く人たちと一緒に仕事をする時間はとても充実していて、私もエンカレッジの一員であることに誇りを持って働いています。どんなときでも受け入れてくれる仲間がいることが幸せで、かけがえのないご縁をいただけたことに感謝でいっぱいです。

北岡 周
日々の成長が、
私をワクワクさせてくれます。

エンカレッジ心斎橋 コーディネーター 北岡 周

恵まれた今の仕事環境に大変感謝しています。それは、自分自身のモチベーションが周囲の方々によって支えられているからです。 「昨日できていなかったことが、今日はできている」エンカレッジの利用者の変化を感じながら仕事をしていると私自身もワクワクし、嬉しさで心が満たされます。 人は環境によって左右されることが多く、個の力を研鑽していくことは大切ですが、時に人は支えあって生きていくものだと思います。
オフィスに来られる利用者の挨拶から何気ない話まで、関わりあう人を理解することで気づくことはたくさんあります。そんな視点を忘れることなく、日々新しい気持ちで仕事に取り組んでいます。