障害者週間だからこそ知りたい!発達障害のあれこれをご紹介!
-エンカレメルマガ第16号-

2019/11/28にメルマガ第16号を配信いたしました。
同メルマガの内容を以下に掲載いたします。
エンカレッジロゴ
 
こんにちは!エンカレッジの喜多です!
12月3~12月9日は「障害者週間」ですね。これは、障害や障害のある人への国民の関心と理解を深めるとともに、障害のある人の社会参加を促進することを目的に定められたものです。今回は、改めて発達障害のことや障害のある方の“働く”について理解を深められるような記事を3つ厳選してお送りします!
 
🌟本メールマガジンは、これまでエンカレッジに関わって下さった皆さまへお送りしています。 今月号よりメルマガをプチリニューアルしました!ぜひお読みいただければ幸いです😊
(メルマガ担当 喜多)
 

■■ もくじ ■■


 
1)窪社長の独り言:障害者週間に読みたい、発達障害啓発漫画をご紹介!
 
窪社長の独り言
 
発達障害に関する世間の認知は高まってきているものの、正しい知識を知り、理解を深められる機会は実は少ないのではないでしょうか?そこで今回は、発達障害当事者であり、筑波大学DACセンターの職員である“ダックスさん”が制作された発達障害の啓発漫画をご紹介します📖
✅ 詳細はこちら→https://en-c.jp/column/presi012/
 

 
2)コラム:発達障害をオープンにするべきか?
 
働くチカラWEB
 
発達障害をオープンにするかどうか。これは、当事者の方にとってとても難しい問題だと思います。発達障害(ADHD)当事者であり、大学や企業で研修講師を務める“かめたーとる”さんは、その難しさについて「オープンにすることのメリットとデメリットが予測できない」からだと語ります。
オープンにすることによって、どんな反応が予測されるのか?また、身近な人から発達障害をオープンにされた場合はどう反応すればいいのか?について考えてみました🤔
 

 
3)障害のある方の雇用事例:選りすぐりの3社をピックアップ!
 
障害者雇用事例
 
昨今、法定雇用率の引き上げや障害者雇用率の水増し問題などにより、障害者雇用について考えたり、取り組む機会は増えてきていると思います。
今回は、障害者雇用を実現された企業の中で、障害のある社員さんが活躍されている3社のインタビューをピックアップしてお届けします!障害者雇用への工夫や想い、実際に雇用した後に経験した悩みや理想、今後の展望などについてお話しいただきました☺
✅ 障害のある方もいて当然 世の中の縮図に近いほど自然な会社(株式会社エムツープレスト)
https://hataraku-chikara.jp/interview/m2p/
✅ 「足りなさ」「難しさ」が成長の鍵。(株式会社Dreams)
https://hataraku-chikara.jp/interview/dreams/
✅ はじめの一歩から広がる可能性(株式会社ホットランド大阪)
https://hataraku-chikara.jp/interview/hotland/
 

 
エンカレッジは、2018年7月25日の創立5周年を機に、メールマガジンの配信を始めました。
本メルマガが、関係者の皆さまとの連携促進につながり、一人でも多くの働きづらさを抱えた方やその方々を支える皆さまに向けて、お役立ちできる情報を発信していきたいと考えております。
ご意見・ご感想・ご要望などお待ちしております!以下のメールアドレスへお気軽にご連絡ください。
 
📧ご意見・ご感想・ご要望はこちら📧
 
📣発達障害のある方の就職相談・定期説明会開催中📣
 
🌟Facebookでもお役立ち情報を更新中🌟
 
📩過去のメルマガをお届けできていない方はこちら📩
 

 
株式会社エンカレッジ
〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-4-26 ニッケ四ツ橋ビル2F
TEL:06-6535-8584 / FAX:06-6535-8516
 
※月1回程度配信させていただきます。
※解除を希望される方は、こちらよりお願いします。
エンカレッジロゴ