<発達障害のある学生向け>これから始める就活対策~就活本番編(2)

就活本番2
 
3月1日に2020年卒の就職活動が解禁されてから、早1ヶ月が経ちましたね。
すでに就活のスタートを切っている方もいれば、漠然とした不安はあるけど、何から始めたらいいのか分からない、という学生さんも多いのではないでしょうか?
そこで、これから就活を始める発達障害のある学生の皆さん向けに、就活の流れやスケジュールに合わせて就活対策記事をまとめてみました。
これらの記事は、ADHD当事者であり、様々な大学でキャリア教育や就職活動支援の講師を務める「かめたーとる」さんが、ご自身の経験を元に書いています。
発達障害のある学生さんにはもちろん、それ以外の学生さんにとっても役立つ情報になっています。
今回は【就活本番編(2)】として、面接対策について具体的に見ていきましょう!

【就活対策~就活本番編(2)~】

面接対策(1)~概要編~

そもそも就活における面接とはどういうものなのか?について概要をお伝えします。
http://hataraku-chikara.jp/information/column16/

面接対策(2)~事前準備編~

面接官は面接という場で「あなたはどんな人なのか?」を知りたいと思っています。
そのため、面接では自分自身を上手く表現することが求められます。
本番で力を発揮するためにも、事前にどんな準備をすればいいのか?についてお伝えします。
http://hataraku-chikara.jp/information/column18/

面接対策(3)~本番印象編~

面接では、対話の内容も重要ですが、面接官に与える印象も非常に重要になります。
ここでは、どのようにして面接官にいい印象を与えるのか?についてお伝えします。
http://hataraku-chikara.jp/information/column19/

面接対策(4)~本番応答編~

面接では、面接官からの質問に応答する時、自分が伝えたいことが面接官に伝わって初めて、いい返答ができたと言えます。つまり、面接官が理解できるような、受け取りやすい応答をする必要があります。
ここでは、面接の場でどのように応答していけばいいか?についてお伝えします。
http://hataraku-chikara.jp/information/column20/

面接対策(5)~NG編~

面接の際、面接官の評価が大きく下がるポイントがいくつかあります。
「それがダメだなんて知らなかった!」ということがないように、面接でやってしまいがちなNG事項について解説します。
http://hataraku-chikara.jp/information/column21/

面接対策(6)~緊張・焦り編~

面接を受けた人に感想を尋ねると「緊張してあまり話せなかった」「焦って早口になった」「頭が真っ白になった」という答えが返ってくることが多いです。
ここでは、面接での緊張にどのように対応していけばいいかについてお伝えします。
http://hataraku-chikara.jp/information/column22/
いかがでしたか?
就活で必須の面接対策について詳しくお伝えしました。面接に対して苦手意識を持っている学生さんも少なくないと思いますが、ポイントを押さえて準備し、練習を積んでいけば必ず改善されていきます。
事前準備だけでなく、実際に受けた面接の振り返りにも役立ちますので、何度でも読み返してみてくださいね。