発達障害に特化した就労支援事業所【エンカレッジ】

エンカレッジ<大阪(本町、心斎橋、天満橋)、京都(JR京都、京都三条)>
5拠点で説明会の申込みを受付けております。

第2の母校になる
関西トップクラスの就職率
就職へ向けた準備トレーニングから、自分に合った職場や環境とのマッチング・アフターフォローまで一貫した支援をします。
就職を希望される皆さまとの出会いを楽しみにしています!
就職先実績(一部抜粋)
上場人材紹介系企業(特例子会社):事務・庶務・経理 製菓製造業:店舗バックヤード
電気照明メーカー:事務・分析業務 上場下着メーカー:ピッキング・袋詰め
大手学校法人:館内清掃 上場製薬会社 人事部:事務
大手監査法人(特例子会社):事務 製造業:商品管理・倉庫業務
保守・警備系企業:設備点検 上場人材紹介系企業 マーケティング部:法務事務・顧客管理
先輩の声を聞く(働くチカラWebより)
〇 働く前も、働いてからも「経験」を大事に(先輩I)
~本文より一部抜粋~
一般での就職も考えていましたが、ちゃんと働けるのかと心配もあったので、障害への配慮のある障害者雇用枠での就職を目指すことにしました。在学中から卒業したらエンカレッジで就職活動をしようと考えていて、2016年4月にエンカレッジ京都三条の利用を開始しました。
働くチカラPROJECTでお世話になっていたスタッフもいたので、特に不安はなかったです。エンカレッジではビジネスマナー講座が印象に残っています。社会人に必要な報告・連絡・相談の練習や、交通機関の遅延や急な体調不良時の対応、敬語や謙譲語の使い分けなどを学びました。全文を読む >
〇 「こんな私でも就職できるんだ」安心感で強くなる(先輩H)
~本文より一部抜粋~
今の職場を知ったきっかけは、就労移行支援事業所エンカレッジのスタッフから、私に合いそうな職場があると紹介されたことです。実習を経て2016年5月に就職が決まりました。実習では、職場のみなさんが私の特性をよく理解した上で接してくださいました。
例えば視覚的にわかりやすいように、1日のスケジュールや手順書、見本を準備して働きやすい環境を整えてくださったんです。ここなら私も力を発揮できるんじゃないかと感じました。全文を読む >
〇 会社が好き、一緒に働く人たちが好き(先輩G)
~本文より一部抜粋~
大学在学中は、理系の専攻だったこともあり、機械・車関係の企業に挑戦しました。でも卒業するのに必死で、就職活動にはあまり力を入れていませんでした。卒業後、しばらく就職活動をしましたが、面接官と話が噛み合わないことが多かったんです。親の勧めで精神科を受診し、広汎性発達障害と診断されました。「発達障害」という響きにいい印象もなく、受入れにくい時期もありました。
(中略)
2015年の夏に、就労移行支援事業所エンカレッジの利用を開始。利用者のみんなとは日々過ごす中で自然と仲良くなりました。毎日通いましたが、それは仲間がいたからだと思います。先日のOB会に参加した際も、OBのみんなが頑張っていると知って、刺激になりました。
エンカレッジを利用し始めた頃は、就職に向けた「訓練の場所」だと思っていましたが、今は一緒に頑張れる人がいる「母校」だと感じています。全文を読む >
先輩の声 一覧 >

エンカレッジの特徴

  • 職場実習職場実習
    働く経験値UP
  • グループワークグループワーク
    コミュニケーション
    能力UP
  • ソーシャルクラブソーシャルクラブ
    楽しさUP
  • 自己理解講座自己理解講座
    自己評価UP
  • オフィスワークオフィスワーク
    事務能力UP

エンカレッジのプログラム

月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
AM(オフィスワーク) PCスキルの学習 データー入力
(Excel)
レポート作成
(時事問題)
ワークサンプル
(事務の模擬作業)
面談・自習
PM(講座・グループワーク) 自己理解企業研究 グループワーク
生活スキル
ビジネスマナー ミーティング
午前のプログラムでは、就職するうえで大切なパソコンスキルの向上や事務補助のトレーニングのほか、時事問題を通じて、自分自身の思考を整理するレポートの作成、プログラムの中での気づきを振り返る面談の時間があります。
午後のプログラムでは、ビジネスマナーや自己理解講座、コミュニケーションのコツを学ぶグループワークなど、学びの機会がたくさんあります。また、仲間と学ぶこと、行動することで、社会性や協調性など、これまで苦手としていた特性に対する工夫や対処の仕方を考える機会になっています。
  • スキルを磨く
  • 働くために
    必要な
    ことを学ぶ
  • 自分の
    ことを知る
  • 仲間と
    学ぶ
  • 仲間と
    行動する

利用料について

9割程度の方が無料でご利用いただいています。

  • 目的企業への就労を目指すこと
  • 利用年限2年の期間内
  • 費用原則1割負担(但し、区市町村民税非課税の場合は自己負担なし)

月ごとの利用者負担には上限があります

障害福祉サービスの自己負担は、所得に応じて次の4区分の負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。
区分 世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯(注1) 0円
一般1 市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム・ケアホーム利用者を除きます(注3)
9,300円
一般2 上記以外 37,200円
(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。
(注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。
引用元:厚生労働省HP「障害者福祉サービス/障害者の利用負担」より

利用の手続き

1)説明会・利用相談 利用相談は随時受け付けておりますので、ご連絡ください。
■お電話はこちら
■説明会・見学会も随時開催しております。詳細はこちら
2)利用体験 事業所の事を知って頂くために、1日の利用体験を行って頂きます。
※事業所の定員状況から、お待ち頂くことがあります。
3)福祉サービス利用申請 市役所へエンカレッジの利用申請を行って頂きます。
※申請後、認定調査などいくつかの手続きが必要になります。
(不明点はエンカレッジがサポートいたします。)
4)受給者証交付 障害福祉サービス受給者証が届きます。
5)利用契約・利用開始 利用契約を行った後、就職に向けた利用を開始します。

お問い合わせ・説明会について

各就労支援事業所の詳細は、以下をご確認ください。
 

電話でのお問い合わせ

エンカレッジ大阪06-4705-7401
エンカレッジ京都075-746-6688
エンカレッジ京都三条075-254-8180
エンカレッジ心斎橋06-6535-8585
エンカレッジ天満橋06-4790-9870
 

説明会のスケジュール

15:45 受付
16:00 株式会社エンカレッジについて
就労移行支援事業所のご紹介
◯大阪 ◯京都 ◯京都三条 ◯心斎橋 ◯天満橋
16:50 事業所内見学
17:05 質疑応答
17:15 終了
※プログラムの内容は変更になる場合がございます。

説明会のお申込み

【ご利用希望の方・ご家族】
説明会を事業所ごとに開催しております。
また、説明会の日程以外でも、随時受付けております。
事前にお電話またはメールからお気軽にお問い合わせ下さい。

【関係機関(大学・医療機関・相談機関など)の皆様】
定期的に説明会を開催しております。
事業所ごとに行っておりますので、希望の事業所・日程でお申込み下さい。
希望の就労支援事業所を選択して下さい

大学生向けサービス「働くチカラプロジェクト」も実施しています

働くチカラプロジェクト

発達障害のある大学生・短大生・専門学校生やコミュニケーションに苦手さのある大学生・短大生・専門学校生を対象とした就職活動を支援するプログラム