働くチカラPROJECT東海がスタート!

働くチカラPROJECT東海がスタート!

関西で実施してきた発達障害やコミュニケーションが苦手な学生のための働くチカラPROJECTですが、今年度から東海でもスタートしました。

【働くチカラPROJECTとは?】

働くチカラPROJECTは、発達障害のある学生やコミュニケーションが苦手な学生さんのための就活プロジェクトです。
2012年の開始から2018年11月現在、360名の皆様にご参加頂いています。

 

初年度の今年は、17名の学生の皆様にご参加を頂きました。ご参加を頂いたみなさま、ありがとうございます!
具体的にはコミュニケーション、ビジネスマナー、企業研究・面接対策・自己PR書き方などの講座を行ったうえで
企業インターンシップに臨んで頂き、それぞれに様々な気づきがあったようです。

働くチカラPROJECT東海の様子
 
<参加学生の感想>
■参加するまでに思っていたイメージよりも参加しやすい雰囲気で学べました。
■はじめは緊張しましたが同じような仲間がいて、一緒に就職活動を頑張っていけそうと感じました。
■将来技術系の仕事を希望しており、今回CAD経験ができよかったです。
■人と話しをするのが苦手で初めは緊張しましたが、入力業務や最後は電話応対の経験もでき自信になりました。
■スピードはまだまだですが、経験していけば自分でも作業の仕事ができそうと感じました。
■総務人事部門を経験、ひとつの部署でも様々な仕事があり、組織のあり方を勉強できました。
大学や支援機関の熱
 
関西から見ていて、東海が特徴的なのは・・・、大学や支援機関の熱がすごい!ことです。
今回のプログラムの運営においては、主催団体の一般社団法人ファブリカさんをはじめ、様々な大学や支援機関の皆様にご協力を頂きました。
10月14日の実践報告会にも会場にあふれんばかり、たくさんの方々にご参加を頂き、関係者の皆様の期待をひしひしと感じます。
関西にもこの熱を逆輸入していこうと思いました。
地域を超えて、学生支援のノウハウが共有され、新しい社会資源が出来上がっていくことが本当にうれしく思います。
とにもかくにもまだまだスタートしたばかりの働くチカラPROJECT東海。来年も継続実施します。
詳細はまた改めて告知致しますが、今年に引き続き、多くの学生の皆様のご参加をお待ちしております!