「真面目だけが取り柄」以外の自分を発見できた。他3事例~発達障害のある大人の就職~

この記事では、エンカレッジから就職されたご利用者の就職ストーリーをシリーズでご紹介しています。
ご利用者本人からは、利用を決めてから就職に至るまでにどんなことがあったか、エンカレッジに通ってみての感想、率直な今の気持ちなどをお聞きしました。
また、ご利用者の就職をサポートしてきた支援者から見たご本人の変化や、就職に至るまでのプロセス、今後に向けてのエールも載せています。
📍この記事はこんな方におすすめ📍
  • 発達障害があり、就労移行支援の利用を検討している
  • 就職が決まった人が、どんな流れで就職できたのか知りたい
  • 就労移行支援事業所で実際にどんなことをするのか知りたい
今回は、2022年10月に就職が決まられたご利用者の就職事例から、2つのストーリーをお届けします!

就職事例1)「真面目だけが取り柄」以外の自分を発見できた

エンカレッジ大阪 ご利用者Mさん
  • ▶ エンカレッジ大阪 ご利用者Mさん
  • 【性別】女性
  • 【年代】20代前半
  • 【障害種別】ADHD、ASD
  • 【利用期間】1年5ヶ月
  • 【職種】事務職
 
通所を始めた頃は「自分は真面目だけが取り柄」と考えており、自信がない状態でした。
しかし、日々の活動や実習を通し、真面目さ以外の良い部分や自分の得意なことを再発見できました。
その道中には実習での失敗や人間関係の難しさ、家族のことなどで悩むことがたくさんありました。
しかし、スタッフの方々が親身になって相談に乗ってくださり、自分に合ったアドバイスをたくさんいただきました。
結果的に、一人の人間として精神的にも成長することができたと感じています。
毎日の活動内では他の利用者の人とも交流する機会があり、交流を通して自分だけでなく他の人の特性に関する理解や向き合い方についての学びが深まりました。
また、エンカレッジの講座を受けて、社会人としての基礎だけでなく雑談の話題の選び方や円滑なコミュニケーションの取り方も学ぶことができました。

今回就職が決まり、環境の変化や新しい人間関係に対する不安は色々とあります。
しかし、自分を評価していただけたからこそ内定を頂けたということを忘れず、自分に自信を持って日々の業務を行っていきたいと思います。
将来的には、業務面では他の人の活動を支えて困ったときに頼られる人に、自分自身としては一人の社会人として自立した生活を送れるようになりたいと考えています。
就職事例31-1-1  就職事例31-1-2
 
🌟 支援者よりひとこと 🌟
Mさんは働くチカラPROJECT出身で、大学卒業後エンカレッジの利用を開始されました。
利用開始当初は自己肯定感がかなり低く、ポジティブなフィードバックをしてもあまり納得されず、「プラスな評価は本当なのかなと疑ってしまう。(直したいので)マイナスな評価が欲しい。」とおっしゃっていました。
そんなMさんが、エンカレッジのプログラムや実習を通して少しずつ自信をつけ、「自分を認めることの大切さ」や「他者評価を素直に受け止めることの大切さ」を学んだようです。
これからも色々と悩むことがあるかと思いますが、「自分はエンカレッジでこれだけ成長できた!」ということを心の糧にして、頑張ってください。
(エンカレッジ大阪 スタッフK)

就職事例2)充実したプログラム、職場実習を経て就職に繋がった

エンカレッジ京都三条 ご利用者Aさん
  • ▶ エンカレッジ京都三条 ご利用者Aさん
  • 【性別】男性
  • 【年代】20代前半
  • 【障害種別】自閉症スペクトラム
  • 【利用期間】7か月
  • 【職種/業務内容】水質検査機器の組立て補助、梱包、検品業務など
 
私は、エンカレッジに入所するまで大学3回生から卒業に掛けて、不安になりながら就職活動を続けていました。
しかし、就労移行支援事業所の存在を知ってから、ここでなら自分のペースで就職活動に取り組めると思い、利用を始めました。
就職へ向けての講座やPCワーク・ワークサンプル・ソーシャルクラブといったプログラムが充実しており、その中で自分の適性や職場実習を通じて、自分に合った就職先を見つける事が出来て、ここで学んだ事が就職に繋がったと実感しています。
今後は社会で活躍するために業務に対する姿勢はもちろん、働くための体調管理もしっかり行い、頑張っていきたいと思います。
就職事例31-2-1  就職事例31-2-2
 
🌟 支援者よりひとこと 🌟
初めての事に対して不安を感じるタイプのAさんでしたが、どんな事にも目標と意欲を持って取り組まれる方でした。
利用当初は事務職を強く希望されていましたが、これまでのご経験や特性上の強みなどを一緒に整理することで希望職種の路線変更を決め、長期間の実習を通じて、自分に合った働き方・環境・職種について再認識する事ができ、無事内定を頂く事ができました。
これからも自分らしく、楽しく頑張って頂きたいと思います!
(エンカレッジ京都三条 スタッフK)

就職事例3)良い評価・厳しい評価もあったが、経験できて良かった

エンカレッジ心斎橋 ご利用者Tさん
  • ▶ エンカレッジ心斎橋 ご利用者Tさん
  • 【性別】男性
  • 【年代】20代前半
  • 【障害種別】発達障害、軽度知的障害
  • 【利用期間】
  • 【職種/業務内容】軽作業/清掃、入荷商品の荷捌き、商品整理、接客対応
 
私は、エンカレッジで一年の思い出を振り返ると、初めて来たときは緊張と不安がありました。
しかし、スタッフや利用者の皆さんが温かく迎えて下さり、とても楽しく、また成長できる環境に安心感がありました。
就職活動は自分でどうやるのか分からず、ビジネスマナーやグループワーク、自己理解講座など通して、自分の苦手なこと、特性を理解したり、マナーを身につけることができました。
職場実習では、事務作業、アパレルの事務代行やスーパーでの接客など様々な業種に行きました。
良い評価もあれば、厳しい評価もあり、落ち込んだこともありましたが、経験して良かったと思いました。
就職活動をしていた中で礼儀や言葉遣い、謙虚さが大切だと思いました。
また、自分に合う環境や楽しくやりがいを持って、働ける企業を自分で実習中であるときに考えて、選択を自分で行うことも大切だと思います。
就職が決まったときは、内定のお知らせが面接を終えた翌日だったため驚きました。自分が働きたいと考えていたアパレル業なのでとても嬉しかったです。
働くにあたって、社員の方とのチームワークを求められるので、積極的にコミュニケーションを行いたいと思います。
また、お客様のニーズにお応えし、接客をできるよう頑張りたいです。
就職事例31-3-1  就職事例31-3-2
 
🌟 支援者よりひとこと 🌟
Tさんは、周囲の状況を確認し、困っている人がいれば、「手伝いましょうか」と気軽に声をかけて下さる、エンカレッジのリーダー的な存在であり、また苦手な作業にも果敢に挑戦され、コツコツと前向きに取り組める方です。
一方で自分が考えていることや困っていることを遠慮から伝えることができず、一人で悩んでしまうという課題がありました。
整理するにあたり、「なぜ悩んでいること伝えないといけないか」など自己理解を図ることで、少しずつですが、自分の想いを表に出せるようになり、相手に困りごとなど伝えることができるようになりました。
今回の就職先は雇用前実習でのTさんの前向きな姿勢の頑張りを認めてくださり、無事に就職につながることができました。
Tさんらしく、無理せずに心身ともに健康で、いきいきと活躍していただけるように一緒に応援していきたいです!
(エンカレッジ心斎橋 スタッフM)

就職事例4)卒業は寂しいが、エンカレッジでの経験を生かして頑張っていきたい

エンカレッジ天満橋 ご利用者Iさん
  • ▶ エンカレッジ天満橋 ご利用者Iさん
  • 【性別】男性
  • 【年代】20代
  • 【障害種別】知的障害
  • 【利用期間】1年7ヶ月
  • 【職種/業務内容】農作業
 
就職が決まってとても嬉しいですが、同時に寂しさもありました。
就職してエンカレッジからいつか卒業しなければいけないことは分かっていました。
しかし内定をもらったと同時にエンカレッジの思い出が頭をめぐり、ああ、十月が終わったらお別れなんだと分かりました。
ソーシャルクラブやグループワーク、講座やワークサンプルなどエンカレッジで色々お世話になり、学ばせていただきました。二年間本当にありがとうございました。
来月になったら新しい環境になりますが、エンカレッジでの経験を生かして、人間関係や業務を頑張っていきたいです。
これから仕事先で大変になるかもしれませんが、体調管理に気をつけ、体力もつけて、長く続けられるようにしたいと思います。
ここで過ごした思い出は決して忘れません。
🌟 支援者よりひとこと 🌟
Iさんは、いつも朗らかで笑顔が素敵な方です。
誰とでも、どんな状況でも、その姿はブレることがなく、毎日元気な挨拶でエンカレッジに通所してくださっていました。
今回就職を決められたぺあ農園様の実習では、暑い中での収穫や中腰での雑草刈りなど、大変なことが沢山あったと思います。
ですが、毎日実習が終わると「今日も楽しかったです」「大変でも達成感がありました」と、こちらも元気になるような声でその日のことを話してくださっていました。
「楽しい」と思えるお仕事と巡り合い、見事内定を得られたのも、ご本人のお人柄、そして課題に誠実に向き合われた結果だと思います。
厳しいFBを受けた時は、すぐに「来期の目標に入れたいです」と前向きに取り組まれ、しっかり改善されていました。
その姿には私も勇気づけられ、尊敬していました。
これからも素敵な笑顔で楽しみながら、頑張ってほしいと思います。
(エンカレッジ天満橋 スタッフN)
 
いかがでしたか?「発達障害のある大人の就職事例」はシリーズとして今後も定期的に発信していきます。乞うご期待ください!